中学道徳教科書、相模原は東京書籍|カナロコ|神奈川新聞ニュース

中学道徳教科書、相模原は東京書籍

相模原市役所

 相模原市教育委員会は10日、定例会を開き、2019年度から中学校で教科化される道徳の教科書に東京書籍を採択した。市立中学校全37校で使用する。

 学校や保護者の代表らでつくる採択検討委員会の報告を踏まえて議論。内容の分かりやすさや生徒が興味を持って学習できるよう配慮されているかなどの観点で意見を交わし、東京書籍と光村図書出版に採択候補を絞り込んだ。

 「価値の押し付けにならないよう配慮できる教科書を」「いじめや性同一性障害など、現代的な課題を扱っている教科書が好ましい」などの意見が出され、教育長を含む6人が全員一致で東京書籍を選んだ。

PR