〈時代の正体〉やまゆり園事件と強制不妊手術【上】命の選別 癒えぬ痛み|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉やまゆり園事件と強制不妊手術【上】命の選別 癒えぬ痛み

【やまゆり園事件取材班=川島秀宜、石川泰大】津久井やまゆり園(相模原市)で入所者19人が殺害された事件から2年。起訴された植松聖被告(28)は、なおも命の優劣に偏執する。旧優生保護法(1948-96年)に基づく強制不妊手術の証言を引き、事件に潜む優生思想と向き合う。


 東京都の北三郎さん(75)=仮名=は、その鋭刃が、我が身に向けられているように感じた。

 送検の車中、テレビ越しに不敵に笑った金髪の男は、「手間だから」と無防備の首を狙ったと供述していた。40分で45人が殺傷された。

 力ずくで生殺を支配し、命をもてあそぶ狂気を目の当たりにし、半世紀前に刻みつけられた古傷がうずいた。

 「あの手術と同じだ」

 北さんは、異母の弟ができると、実父からも疎まれ、13歳で仙台市内の教護院(現・児童自立支援施設)に預けられた。

 1年後、強引に連れられた産婦人科病院でズボンを脱ぐようせかされた。手術台に寝かされ、背中に注射を打たれた。意識が遠のいた。

 麻酔が切れた途端、下半身を激痛が襲った。睾丸(こうがん)が風船のように膨らんでいるのがわかった。両脚の付け根に、2センチほどの手術痕が赤らんでいた。1カ月後、教護院の先輩がささやいた。

 「子どもができない体になったんだよ」

 精管切断(パイプカット)だった。「なんで、おれがこんな目に遭わなきゃいけないんだ」。自身を見捨てた父親と教護院がたくらんだ手術と思い込んだ。家族と絶縁した。

 北さんはことし1月、さらに深刻な背景を知る。あの執刀は、旧優生保護法に基づいた強制不妊手術だった。国家が生命を選別していた。...

PR