桐光2年生左腕、「90点」の直球55球 高校野球神奈川大会第9日|カナロコ|神奈川新聞ニュース

桐光2年生左腕、「90点」の直球55球 高校野球神奈川大会第9日

桐光学園9-0伊志田

強気のピッチングで5回を1安打に抑えた桐光学園の天野=バッティングパレス相石ひらつか

▽3回戦(バッティングパレス相石ひらつか)
伊志田
000 000 0|0
100 152 X|9
桐光学園
(7回コールド)

【評】桐光学園が3投手で零封リレー。先発の左腕天野は力のある直球で5回1安打。打線は五回に5本の長短打で5得点。7盗塁と機動力も使って着実に加点した。伊志田は先発の1年越路が四回まで2安打2失点と粘り強く投げたが、打線が力負けした。

【桐光学園-伊志田】フォトギャラリー

 タレント揃いの桐光学園投手陣にまた、強力な一枚が加わった。背番号3、2年生左腕天野が5回無四球1安打ピッチング。本人も「90点」と上々の公式戦初先発だ。

 東京・城南ボーイズ時代は日本代表にも選ばれ、桐光で中軸を打つ強打者。試合当日の朝に先発を言い渡されても動じずにオール直球の55球。球威抜群のボールを制球よく投げ込み、外野に打球が飛んだのは3回だけと力でねじ伏せた。

 六回以降は同級生の右腕谷村、左腕冨田の2枚看板が今夏初登板。「2人は大舞台で自分の最高の球を投げ切れるところがすごい。でも僕もテンポの良さなら負けない」と刺激を受けた。

 野呂雅之監督(57)は「大会で投手を育てながら継投でつなぐ戦いが求められてくる」と、例年以上の猛暑での「短期決戦」を見据えた。

PR