「ロンドン橋、楽しい」 英モデルと川崎の園児交流|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「ロンドン橋、楽しい」 英モデルと川崎の園児交流

「ロンドン橋落ちた」と歌いながらゲームに興じるジェットさんと園児たち=大島保育園

 「ロンドン橋、楽しかった!」。川崎市川崎区の市立大島保育園に、高津区在住の英国人でファッションモデルのプーヴロウ・ジェット・アクセルさん(26)が訪れ、園児とクイズやゲーム、踊りを楽しんだ。市は2020年の東京五輪・パラリンピックで英国代表チームの事前キャンプ地に決まっている。ホストタウンとして、同国応援の機運を盛り上げようと交流イベントを企画した。

 ジェットさんは来日して1年3カ月だが、市国際交流協会の派遣講師も務めており、同園の「すいかぐみ」の5歳児30人ともすぐに打ち解けた。

 世界地図で位置を示したり、ユニオンジャックの国旗を紹介したりして母国をアピール。町並みを撮った写真パネルで、英国を園児に身近に感じてもらおうと努めた。ロンドン名物の赤い2階建てバスの写真を見た園児たちは「乗ってみたい」と声を上げた。

 ジェットさんが英国の代表料理「フィッシュ&チップス」を「とてもおいしいです」と紹介し、石原知子園長が「お昼ごはんに出ますよ」と告げると「わぁ!」と歓声が上がった。

 園児たちはジェットさんと童謡「ロンドン橋」を歌いながらのゲームに大はしゃぎ。園児たちが両腕をつないでつくった橋を、190センチのジェットさんが小さくかがんでくぐると、笑い声に包まれた。

 水色のそろいの法被を着た園児たちは園庭で踊りを披露。ジェットさんも踊りの中に入り、リズミカルに調子を取っていた。

 「僕は大きいし、見た目もみんなと違うので、びっくりするかもしれないと緊張していたけど、みんな笑顔でよかった。私も踊りが楽しかった」とジェットさん。園児と一緒にフィッシュ&チップスの給食を食べ、すっかり仲良しになっていた。

 英国は東京五輪・パラリンピックで、等々力陸上競技場(中原区)やカルッツかわさき(川崎区)、富士通スタジアム川崎(同)で代表チームや選手が事前キャンプを行う予定になっている。

PR