「タクベル」エリア拡大 DeNAと県タクシー協会、県内ほぼ全域に|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「タクベル」エリア拡大 DeNAと県タクシー協会、県内ほぼ全域に

 ディー・エヌ・エー(DeNA、東京都)と県タクシー協会(横浜市中区)は11日から、横浜・川崎市内を対象にサービスを提供していた次世代型のタクシー配車アプリ「タクベル」のエリアを、県内のほぼ全域に拡大した。

 現時点で同協会に加盟している182事業者のうち82事業者がタクベルを導入。今回新たにサービス提供を始めたエリアは愛川町と二宮町を除く県内29市町村(山間部など一部を除く)。

 タクベルは、現在地周辺を走行中の空車車両をリアルタイムに確認することや予想到着時間を事前に確認しながら配車が可能。タクシー乗務員と乗客が効率よく出会えるよう互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能も備え、全車両ネット決済にも対応している。

 今後は、後部座席にタブレット端末を設置し...

PR