〈時代の正体〉豪雨災害乗じ差別扇動 川崎の男性、デマツイート|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉豪雨災害乗じ差別扇動 川崎の男性、デマツイート

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/07/11 23:43 更新:2018/11/12 19:09
川崎市宮前区の男性が投稿した差別扇動するデマツイート(画像を一部修整しています)

川崎市宮前区の男性が投稿した差別扇動するデマツイート(画像を一部修整しています)

【時代の正体取材班=石橋 学】西日本豪雨で被災者の避難や救助活動が続くさなか、川崎市宮前区の男性(55)が人種差別をあおるデマをツイッター上に投稿していたことが11日、分かった。特定の外国人が被災地で犯罪を計画していると記し、被災者の不安を無用にかき立てる悪質な内容。ツイートは削除されたが、市は人権侵犯事案として横浜地方法務局川崎支局に通報した。

 投稿は8日未明。河川が氾濫した愛媛県南部の窮状を訴える投稿をリツイートした上で「火事場泥棒の中国人、韓国人、在日朝鮮人たちが避難所に居る間に狙ってますのでご注意下さい、それと女性は単独行動は危険です、奴らは日本国民浄化計画で災害時に実行しますので」とデマを用い、特定の国籍・民族の人々をおとしめるヘイトスピーチを書き込んだ。

 愛媛県警は「外国人犯罪の通報や被害届の提出はない。常識的に犯罪の計画も考えられない」としている。

 ツイッター上では「災害に乗じた悪質なヘイトデマ」「デマのせいで生じる無意味な問い合わせ電話に対応する手間が、今も誰かの命を削っている」といった非難が相次いだ。男性は神奈川新聞社の取材に「インターネットで得た情報を基に書いた」とし、当該の投稿は「批判がうるさいので削除した」と話した。...

PR