振り込め詐欺、横須賀で相次ぐ 被害130万円|カナロコ|神奈川新聞ニュース

振り込め詐欺、横須賀で相次ぐ 被害130万円

 田浦署管内で9日、全国銀行協会職員を装った男らにキャッシュカードをだまし取られたとの届け出が2件あった。カードを使って、口座から計約130万円が引き出されており、署は手渡し型の振り込め詐欺事件として調べている。

 署によると、いずれも横須賀市内在住の80代と70代の無職女性が届け出た。9日午後、家電量販店の店員を名乗る男から「あなたのカードを使用して買い物をしようとした者がいた」などと、それぞれ電話があった。自宅を訪れた全国銀行協会職員を装う男に、2人はカード計5枚を手渡した。80代女性は口座から計約80万円、70代女性は50万円引き出されていた。

 署は手口が似ていることから、同一グループの犯行とみている。

PR