プラネタリウム、料理教室…育児の気分転換に厚木で講座|カナロコ|神奈川新聞ニュース

プラネタリウム、料理教室…育児の気分転換に厚木で講座

 厚木市は本年度から「子育てリフレッシュ事業」と題し、市内在住で1歳以上の未就学児のいる保護者を対象にした託児サービス付きの講座を始める。保護者同士での交流や、関心のあるテーマを学ぶ機会を通じ、育児に追われる親らに気分転換のひとときを過ごしてもらう試みだ。プラネタリウム鑑賞や料理教室など多彩な企画を用意する。

 内容は、「和食の料理教室と選食力のはなし」(7月11日)、「フレンチコースのテーブルマナーとプラネタリウム鑑賞」(10月23日)、「クリスマスパーティーの料理教室とテーブルコーディネート」(12月12日)、「お母さまのための絵本塾とハンドメイド作り」(来年3月14日)-の4回。

 市ホームページなどで告知し、各回ごとに参加の事前申し込みを募る。定員は毎回20人程度で、費用は千~3千円。会場も各回で異なるが、いずれも市庁舎(同市中町)そばの施設。今月11日の第1回は既に満員という。

 主催する市の子育て支援センターは「講座への参加でリフレッシュしたり、親同士でコミュニケーションを取ったりすることで生活に変化が加わり、育児中の孤独感などが少しでも和らぐ機会になれば」と期待する。問い合わせは、同センター電話046(225)2922。

PR