大人に負けず引っ張れ 横須賀で日本海海戦見立て綱引き|カナロコ|神奈川新聞ニュース

大人に負けず引っ張れ 横須賀で日本海海戦見立て綱引き

力いっぱい綱を引く子どもたち =三笠ビル商店街

 綱引きを日露戦争の日本海海戦に見立てて対決するイベントが7日、三笠ビル商店街(横須賀市大滝町)で行われた。

 市消防職員と子どもたち計約40人が、連合艦隊とバルチック艦隊に分かれて対決。それぞれ両艦隊の司令長官の似顔絵が描かれたサンバイザーを着け、力いっぱい綱を引いた。

 消防職員7人を相手に、園児から小学生の計13人が挑んだ試合では、「オーエス、オーエス」という観客の掛け声の後押しもあり、子どもたちが見事勝利。小学5年の井上桃さん(10)は「消防士さんの力が強くて、運動会と同じぐらい大変だった」と笑顔で話した。

 同商店街協同組合や、市や横須賀商工会議所、京急電鉄でつくる横須賀集客促進実行委員会などの主催。日本海海戦で活躍し、記念艦として保存される「三笠」などをPRしようと企画された。

PR