住吉高2年生が、論理的思考学ぶ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

住吉高2年生が、論理的思考学ぶ

 川崎市中原区の県立住吉高校でこのほど、論理的な「プログラミング的思考」について考える講演会が開かれ、2年生約350人が参加した。

 講師は、みらいアクセス合同会社の草野俊彦代表で、「正解のない問題を解く知恵~人生で絶対役立つプログラミング的思考~」と題して講演した。受験勉強など、生徒たちが直面する身近な話題を取り上げ、漠然とした課題を具体的に捉え直し、実行できるように手順を考えていく大切さなどを説いた。...

PR