人工津波を見学できます 国総研と港空研が一般公開イベント開催へ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

人工津波を見学できます 国総研と港空研が一般公開イベント開催へ

昨年の一般公開での人工津波の見学(港空研提供)

 港湾や空港整備などを調査研究する国土技術政策総合研究所(国総研)と港湾空港技術研究所(港空研)は7月21日、恒例の一般公開イベントを開く。入場無料。

 横須賀市長瀬に拠点を置く二つの施設の、「海・空・港」に関する日頃の研究内容を知ってもらうために企画。人工的に再現した世界最大級の高さ2・5メートルの津波が構造物にぶつかる様子を見学できたり、小型無人機「ドローン」のフライトシミュレーターを体験できたりする。また航空機の巨大タイヤも展示する。国総研の担当者は「夏休みの自由研究に活用してもらえたら」と話している。

 体験型のイベントに参加するには、当日配布の整理券が必要。午前10時から午後4時まで。問い合わせは、国総研電話046(844)5019。

PR