昭和から平成の花嫁衣装 三崎昭和館で19日まで|カナロコ|神奈川新聞ニュース

昭和から平成の花嫁衣装 三崎昭和館で19日まで

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/06/16 11:28 更新:2018/06/16 12:32
 「花嫁衣装今・昔特別展」が19日まで、郷土資料館「チャッキラコ・三崎昭和館」(三浦市三崎)で開かれている。地元住民らから寄せられた、昭和から平成までの花嫁衣装など10点を紹介している。

 6月に結婚すると幸せになれるという言い伝え「ジューンブライド」にちなみ、毎年開催されている。

 会場には昭和30年代に着用された色打ち掛けや文金高島田、1998年ごろのウエディングドレスなどを展示。また、するめやかつお節、昆布など73年当時の結納品を記した目録も置かれている。

 午前10時から午後4時まで。入場無料。水、木曜日休館。問い合わせは、同館電話046(882)3156。

PR