補正予算案など14議案提出 県議会第2回定例会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

補正予算案など14議案提出 県議会第2回定例会

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/06/15 02:00 更新:2018/06/15 02:00
神奈川県庁

神奈川県庁

 県議会第2回定例会は14日、本会議を開き、県は真鶴港の指定管理に関わる総額8534万円の2018年度一般会計6月補正予算案など計14議案を提出した。

 個人県民税の税額控除の対象となる特定非営利活動法人への寄付金で、控除対象期間を更新する条例改正案のほか、県庁分庁舎の建て替え工事で、土壌の汚染物質処理に伴い当初から10億1809万円増の56億3833万円とする工事請負契約の変更についての議案なども提出された。

 黒岩祐治知事は提案説明で、政令市への権限移譲を可能とする災害救助法の改正について触れ、「これまで反対の立場を取ってきたが、改正法の下で迅速、公平かつ的確な救助を行える体制を構築すべく、政令市や各市町村と十分に協議していく」と述べた。

 代表質問、一般質問の日程は次の通り。(敬称略)

【代表質問】
 ▽19日=河本文雄(自民)、松崎淳(立民)
 ▽20日=西村恭仁子(公明)、日下景子(民主)、相原高広(県政)
 ▽21日=木佐木忠晶(共産)、柳下剛(自民)

【一般質問】
 ▽25日=芥川薫(自民)、岸部都(立民)、谷口和史(公明)、佐藤知一(民主)、高橋延幸(県政)
 ▽26日=瀬戸良雄(自民)、守屋輝彦(自民)、神倉寛明(自民)

PR