〈時代の正体〉ヘイト防止ガイドライン「運用検証」川崎市議会で市当局|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉ヘイト防止ガイドライン「運用検証」川崎市議会で市当局

ヘイト集会を巡る質疑がなされた市議会代表質問=13日、川崎市役所

【時代の正体取材班=石橋 学】人種差別の扇動を繰り返す極右活動家、瀬戸弘幸氏が川崎市内で計画したヘイト集会で、市が市教育文化会館の使用を許可したことに関し、鈴木賢二市民文化局長は13日の市議会で、公的施設でのヘイトスピーチを防ぐガイドラインについて「運用を検証する」との見解を改めて示した。公明党の山田晴彦氏(宮前区)の代表質問に答えた。

 検証の必要性について鈴木局長は「ガイドラインに沿って不許可要件に該当しないと判断したが、(市民の抗議など)混乱が生じたため」と説明した。

 また、差別撤廃条例の制定については「既存条例との整合性を図りながら課題を整理している。遅くとも来年度中の成立を目指して準備中だ」とした。自民党の末永直氏(中原区)などの代表質問に答えた。

PR