横浜線がオーバーラン 考え事でブレーキのタイミング逸す|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜線がオーバーラン 考え事でブレーキのタイミング逸す

 10日午後2時35分ごろ、相模原市南区のJR横浜線古淵駅で、東神奈川発橋本行き下り普通電車が、ホームの先端から約13メートル行き過ぎて停車するミスがあった。

 JR東日本横浜支社によると、男性運転士(56)が考え事をしていてブレーキのタイミングを逃したのが原因という。電車が後退すると踏切が正常に動作しなくなる恐れがあることから、乗客を降ろさず、次の淵野辺駅まで運行した。

 古淵駅で乗降車する予定だった約40人をはじめ、約1200人に影響した。

PR