輝くガラスとアジサイ4500株が競演 箱根の美術館|カナロコ|神奈川新聞ニュース

輝くガラスとアジサイ4500株が競演 箱根の美術館

記念撮影でも人気のクリスタルガラス製のアジサイ =箱根町仙石原

 箱根ガラスの森美術館(箱根町仙石原)にクリスタルガラス製のアジサイがお目見えした。植栽されているアジサイ(約70種4500株)やバラ(約200種300株)と競演し、観光客らを楽しませている。

 アジサイの葉を組み合わせて制作したオブジェは30株ある。直径約1・4センチのクリスタルガラスを1株当たり500粒使用。紫や赤など7色に輝く計1万5千粒が風に揺れている。

 植栽されているアジサイとバラは例年より1~2週間早く開花した。

 バラは父の日のころに咲く「ファーザーズデー」や濃い赤色の「ドルトムント」などが既に見ごろに。アジサイは八重咲きの「七段花」や高山で咲く「ツルアジサイ」など早咲きの品種が開花、来週から見ごろを迎えるという。

 同館の担当者は「色とりどりの花を見て、優雅な気分に浸ってほしい」と話している。花との競演は7月いっぱい楽しめる。

 開館時間は午前10時~午後5時半。入館料は一般1500円など。問い合わせは、同館電話0460(86)3111。

PR