【動画】海自「いずも」横浜入港 6月1、2日に大さん橋で公開|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【動画】海自「いずも」横浜入港 6月1、2日に大さん橋で公開

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/05/31 19:51 更新:2018/05/31 23:12

 海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が31日、横浜港に入港した。横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルに6月3日午前まで停泊。1、2日に開催する「第37回横浜開港祭」に合わせて艦内を一般公開する。

 いずもの同港への入港は2015年10月に続き2回目。全長248メートル、最大幅38メートルで、空母と同様に、艦首から艦尾まで貫く甲板を持つのが特徴だ。

 灰色の巨艦を大さん橋の屋上デッキから見上げていた同区の無職男性(72)は「(政府は)護衛艦というが、どう見ても空母だ」と近くにいる人と話し合っていた。

 政府は短距離離陸できる最新鋭ステルス戦闘機「F35B」の艦載を視野に、事実上の空母への改修を検討している。これに対して、日本が戦後一貫して掲げてきた「専守防衛」の原則を逸脱する恐れがあると指摘する声が上がっている。

 一般公開は1日午後1時~4時、2日午前10時~午後4時。日没からは護衛艦をライトアップする電灯艦飾が行われる。

 問い合わせは、自衛隊神奈川地方協力本部渉外広報室電話045(662)9476。


PR