西城秀樹さん告別式 郷ひろみ、野口五郎が弔辞|カナロコ|神奈川新聞ニュース

西城秀樹さん告別式 郷ひろみ、野口五郎が弔辞

西城秀樹さん葬儀に参列した郷ひろみ(左)、野口五郎 (C)ORICON NewS inc.

 16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、享年・63)さんの告別式が26日の午前11時より、しめやかに営まれた。西城さんとともに「新御三家」として親しまれた郷ひろみ(62)と野口五郎(62)が弔辞を読み上げた。

【動画】西城秀樹さん告別式に1万人 「ヒデキ」コールに送られ出棺

 祭壇は、1974年にソロ歌手で日本初となる単独野球場コンサートを開催した「大阪球場」を再現。外野スタンドをモチーフに照明や、色鮮やかな花が約1000本添えられ、西城さんが常に愛用したマイクとスタンドも飾られた。遺影は2001年に撮影。ファン向けの祭壇も特設された。

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷、野口とともに「新御三家」と呼ばれた。48歳だった2003年、56歳だった2011年に脳梗塞を発症。2度目の脳梗塞では右半身まひという後遺症を負ったが、復帰に向けてリハビリに励んでいた。



【試聴】西城秀樹の主な配信楽曲

【写真】4000人が参列 西城秀樹さん通夜しめやかに

郷ひろみ、西城さん通夜で沈痛「ぽっかりと大きな穴」 五郎さんと並んだ焼香で別れ実感

西城秀樹さん通夜しめやかに… 祭壇は「大阪球場」を再現

西城秀樹さん通夜に4000人参列 郷ひろみらが別れ惜しむ

PR