熊本復興支援で物産展 明治学院大で27日まで|カナロコ|神奈川新聞ニュース

熊本復興支援で物産展 明治学院大で27日まで

物産展でPRするくまモン=明治学院大学横浜キャンパス

 熊本地震からの復興支援に役立ちたいと、「くまもと復興支援in MG横浜」と題する物産展が25日、明治学院大学横浜キャンパス(横浜市戸塚区)で始まった。

 同大が熊本地震発生後、継続的に被災地支援していたのがきっかけ。同キャンパスの「戸塚まつり」(26、27日)のコンセプトの一つが「福祉」ということもあり、開催が決まった。

 物産展には、熊本県産のレモンやパパイアなどの果物、ノリ、天然水、菓子などが並ぶ。収益金の一部は被災地に寄付される予定。

 25日のプレイベントには同県の「営業部長兼しあわせ部長」くまモンが駆け付け、熊本をPR。担当者は「買い物という形で支援に参加してみては」と話している。

 物産展は26日(午後1時半~6時)、27日(午前10時~午後4時)も行う。

PR