ウイルス対策無効化の疑い 中日本高速子会社元社員を書類送検|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ウイルス対策無効化の疑い 中日本高速子会社元社員を書類送検

神奈川県警

 勤務先だった会社のパソコンのセキュリティー機能を無効化したなどとして、県警サイバー犯罪対策課と戸部署は24日、私用電磁的記録毀棄(きき)や偽計業務妨害などの疑いで、相模原市南区に住む男性会社員(33)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年8月、中日本高速道路の子会社「中日本エクストール横浜」(横浜市西区)のパソコンを管理しているセキュリティー会社のサーバーに不正アクセスし、中日本エクストール横浜のパソコン383台のセキュリティー機能を無効化し、約1カ月間業務を妨害した、としている。

 県警によると、男性は容疑を認め「(勤務していた時の)人事に不満があり、困らせたいと思った」などと供述している。男性は2016年3月に同社を退社したが、セキュリティーを操作するための専用URLなどを記憶していたという。同社は、高速道路の料金徴収業務を行っているが、セキュリティーが無効化されたのは社員の勤怠管理用パソコンで、徴収業務に影響はなかった。

PR