全国のヤマアジサイ並ぶ 大船フラワーセンター|カナロコ|神奈川新聞ニュース

全国のヤマアジサイ並ぶ 大船フラワーセンター

紫や青、白などのヤマアジサイに見入る来場者 =日比谷花壇大船フラワーセンター

 全国各地に自生するヤマアジサイを集めた展示会が27日まで、日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市岡本)で開かれている。愛好家でつくる同好会の会員45人が丹精込めて育てた330鉢をめでることができる。

 会場には、青紫の花が幾重にも連なった「九重至宝」(大分県)や、ピンクかられんが色へと花色を変える「土佐の暁」(高知県)など約250種が並ぶ。

 小ぶりな花が特徴のヤマアジサイは国内で千種以上あり、新種も毎年発見されているという。同好会の前川英吉副会長(69)は「淡い色で、花の小さいヤマアジサイが醸し出す風情を楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 期間中の午前11時から、同好会の会員がアジサイの育て方を教える講習会も開かれる。

 午前9時から午後5時まで。入場料は20歳以上で400円など。問い合わせは前川さん電話080(1087)8095。

PR