川崎市は10月に4連休 キッズウイーク日程決まる|カナロコ|神奈川新聞ニュース

川崎市は10月に4連休 キッズウイーク日程決まる

 川崎市はこのほど、2018年度に子どもの夏休みなどを分散させ、合わせて親も休暇を取得してともに過ごす「キッズウイーク」を導入すると発表した。市立小中高校、特別支援学校計173校のうち、163校が10月6~8日の3連休後の9日を休みにして4連休とする。川崎市の市立小中学校、特別支援学校は2学期制で、基本的に10日から始まる2学期に備えてもらう。

 キッズウイークは安倍政権が掲げる働き方改革と休み方改革の一環。川崎市教育委員会は17年度、「かわさき家庭と地域の日」として全校実施を決めていた。

 163校は学期が切り替わるタイミングに設定した。事前にイベントなどが予定されている残り10校も各校ごとに休みを設ける。部活動も行わない方針。

 夏休みや運動会などの振り替え休日を調整することで授業日数は変わらず、新たに休日が増えるわけではない。昨年3月に各校で実施日を決め、保護者らに通知した。

 ただ、必ずしも子どもに合わせて親が休みを取れるわけではなく、市教委は「家族や地域で過ごす時間を増やしてもらうのが目的。どう過ごしたのかを調査し、今後に生かしたい」としている。

 10月9日以外を休日とした学校は次の通り。

 ▽高津高(定時制) 9月21日▽川崎総合科学高(全日制) 同26日▽富士見中、王禅寺中央中 10月1日▽橘高(全日制) 同2日▽宮前小、三田小、金程小 同5日▽幸高 同12日▽川崎高、高津高(ともに全日制) 同26日▽川崎高、橘高(ともに定時制) 同29日▽川崎総合科学高(定時制) 3月25日

PR