婚姻届に地元の風景 秦野市が無料配布|カナロコ|神奈川新聞ニュース

婚姻届に地元の風景 秦野市が無料配布

「桜のまち秦野」モチーフに

桜並木や時計台などのイラストをあしらった秦野市のオリジナル婚姻届

 秦野市は市オリジナルの婚姻届を作成し、16日から無料配布を始めた。「桜のまち秦野」をモチーフに桜並木や県立秦野戸川公園の「風の吊(つ)り橋」、まほろば大橋の時計台のイラストをあしらった。

 福岡市の広告会社「ホープ」と提携し、婚姻届の書き方や提出方法などを解説したA4判12ページの小冊子とセットで配布している。同社が小冊子に掲載する広告を集め、その売り上げで婚姻届と小冊子の制作費を賄った。市の持ち出し額はゼロという。

 大和、平塚市などもオリジナルの婚姻届を作成しており、秦野市に「他市のようにデザイン性のある婚姻届はないのか」といった声が寄せられたことから企画された。毎年2千セットを作成し、3年間続ける。

 問い合わせは、同市戸籍住民課電話0463(82)5154。

PR