空に向かってルピナス満開 相模原・津久井湖城山公園|カナロコ|神奈川新聞ニュース

空に向かってルピナス満開 相模原・津久井湖城山公園

見頃を迎えたルピナス=県立津久井湖城山公園「水の苑地」

 約6千株のルピナスの花が相模原市緑区の県立津久井湖城山公園「水の苑地(えんち)」で見頃を迎えた。白やピンク、黄色の花が咲き乱れ、訪れる人を楽しませている。

 ルピナスは南北アメリカ原産のマメ科の植物。フジの花を逆さに立てたような形から、「昇り藤」とも呼ばれている。今年は例年より1週間から10日ほど早く開花し、今月下旬まで楽しめるという。

 空に向かうように鈴なりの花が約50センチから1メートルの高さまで伸び、来園者は足を止めて眺めていた。

PR