ルノーと資本構成変更も 日産社長、具体策を検討|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ルノーと資本構成変更も 日産社長、具体策を検討

 日産自動車の西川(さいかわ)廣人社長は14日、企業連合を組むフランス大手ルノーとの関係について「現経営陣から次のリーダー層に変わっても維持しているような仕組みをつくらなければならない。必ずある時期までに答えを出さなければならないが、その中には資本構成の変更もあり得る」と述べ、具体策を検討することを明らかにした。

 ルノーは日産株の43・4%を保有。日産はルノー株を15%持っているが、議決権はない。複雑な資本関係の解消は長年のグループの課題とされ、日産のカルロス・ゴーン会長は日本、フランスの両政府の合意を条件に、日産傘下の三菱自動車も含めた3社連合の資本関係の見直しを示唆していた。

 西川社長はルノーとのアライアンス(提携)について「原則としてそれぞれの会社の自立性を尊重しながら、効率化を最大限にシナジーを創出することがポイントだと思っている」と説明。その上で「今機能している自立性と効率の両立を犠牲にして次の形にすることは考えられない」と述べた。

 欧米の通信社が日産とルノーが合併に向け協議していると報じたことについては「一切その事実はない」と断言した。

PR