大麻の隠語使い「大量生産」との書き込みが端緒 県警が容疑者を逮捕|カナロコ|神奈川新聞ニュース

大麻の隠語使い「大量生産」との書き込みが端緒 県警が容疑者を逮捕

札幌市のマンションで栽培されていた大麻草(県警提供)

 営利目的で大麻草を栽培したとして、県警薬物銃器対策課と港南署は11日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで札幌市、自称アルバイトの容疑者(32)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は10日、同市内のマンション2カ所で、営利目的で大麻草31本を栽培した、としている。調べに対し、同容疑者は「栽培したのは間違いないが、営利目的ではない」と容疑を一部否認している。県警は同容疑者の自宅から乾燥大麻計約1・15キロ(末端価格約690万円)、売上金とみられる現金約260万円を押収した。

 県警はほかに、同法違反(営利目的譲渡など)の疑いで住所不定、自営業の容疑者(22)を逮捕。同容疑者は昨年8月、大阪市の派遣社員の男(31)に乾燥大麻約15グラムを1万5千円で譲渡した疑いが持たれている。

 県警は自称アルバイトの容疑者が栽培した大麻を、自営業の容疑者が販売していたとみて、捜査を進めている。

 県警がサイバーパトロールで、大麻を隠語で表現した「お野菜、畑所有のため大量生産」との書き込みを発見。1グラム千円程度で販売していたとみられる。県警は大麻を購入したとして、20~41歳の男5人を同法違反などの疑いで摘発している。

PR