横浜が鎌倉学園に五回コールド勝ち 県高校野球春季大会準決勝|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜が鎌倉学園に五回コールド勝ち 県高校野球春季大会準決勝

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/04/28 14:59 更新:2018/04/28 15:21
横浜
191 01 |12
000 00 |0
鎌倉学園
(5回コールド)

 高校野球の春季神奈川県大会準決勝は28日、第2試合の横浜ー鎌倉学園では横浜が12―0で鎌学を五回コールドで下し、決勝進出を決めた。

 横浜は初回から主将齊藤大輝のタイムリーで先制すると、二回には角田康生の2ランなど9安打で一挙9得点を奪い、試合を決めた。投げては先発の背番号10、2年生黒須大誠の変化球が冴え、2安打零封とつけいる隙を与えなかった。

 鎌倉学園は投打に力及ばず。守備でもミスが多発し、試合をつくれなかった。秋にコールドで破った横浜に対し、完敗した。

 横浜は29日に同スタジアムで行われる決勝で、桐光学園と対戦する。

【関連記事】桐光学園が東海大相模を下す 春季大会準決勝

PR