施設の子支援促進を 横浜国際婦人会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

施設の子支援促進を 横浜国際婦人会

 横浜国際婦人会は23日、横浜市中区のホテルニューグランドでチャリティーイベント「第63回アゼリアティー」を開催した。出席者から児童養護施設などの子どもたちへの支援を推進しようという声が相次いだ。

 同会は1929年、国際親善を深めようと横浜に住む外国人女性らによって設立。福祉活動にも力を入れ、イベントの収益金は養護施設の子どもらの奨学金などに充てている。

 約250人が出席。根岸寿美子会長は「皆さんの支援のおかげで施設の子どもたちが社会に出て、いろいろな分野で能力を発揮している。今後の協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 来賓の黒岩祐治知事らが祝辞を述べ、奨学金を受けた学生らの感謝のメッセージが紹介された。東京交響楽団首席トランペット奏者の佐藤友紀さんが華やかな演奏で会場を魅了した。

PR