夜間工事影響で運転見合わせ 相鉄線|カナロコ|神奈川新聞ニュース

夜間工事影響で運転見合わせ 相鉄線

 相模鉄道は23日、夜間の保守点検工事が遅れた影響で、相鉄本線の横浜-二俣川間の上下線の運転を始発から一時見合わせた。一部区間で踏切の遮断機が下りず、警報器が鳴らない不具合が起きたという。全線での運転の再開は約1時間40分遅れとなり、通勤・通学に影響した。担当者は「夜間工事の遅れで始発が遅れたのは初めてのケース」としている。

 同社によると、終電後の午前1時ごろから、星川-二俣川間で線路や信号などの保守点検工事を実施。始発前の同4時すぎには工事を終える予定だったが、同区間内の複数の踏切で遮断機トラブルが発生。復旧作業に手間取り、始発に間に合わなかった。

 西谷駅構内にある連動装置の保守点検作業中に工事作業員が配線を誤ってつないだことが原因という。

PR