渡部豪太が語る“古民家カフェ”の魅力「これぞ日本人のよさ!」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

渡部豪太が語る“古民家カフェ”の魅力「これぞ日本人のよさ!」

女性自身

渡部豪太が語る“古民家カフェ”の魅力「これぞ日本人のよさ!」(写真:女性自身)

 古くからの建物をカフェとして再生させ、そこに集まる地元の人との交流を描くドラマ『ふるカフェ系 ハルさんの休日』(NHK Eテレ・毎週水曜23時~)。主人公・ハルに扮している渡部豪太(32)は、古民家カフェの魅力をこう語る。

 「古民家には失われてしまった日本が、そこかしこにあります。小さな窓枠の縁に職人さんが残していった思いや、それを今の時代にリフォームしてカフェとしてオープンするにいたった地元の人の思いや愛。その中に日本人が失ってはいけない日本人のよさがちりばめられている気がして。当時の職人さんの意気込みを感じられる技にふれたときは、すごくどきどきします」(渡部・以下同)

 番組は’16年から始まり、今年第3シリーズを迎えた。日本全国の古民家カフェを見てきただけに、伝統を守ることの大切さを強く感じている。

 「新しく建て直したほうが耐震機能などの性能は優れているかもしれないけど、残せる
のなら残したほうがいいというものが古民家にはたくさんあると思うんです。壊したら二度と同じものは作れませんから。ただ、残していくには莫大な維持費がかかってしまう。でも、伝統って、つなげたほうがいいんですよ。絶対」

 主役は「古民家と、それを支えている地元の方々」と話すとおり、地元の人々の役者ぶりも番組の見どころだ。

 「もう素晴らしいです。最高です本当に。上手な方もいますし、めちゃくちゃ緊張してらっしゃる方もいる。その土地の人が演じる部分がこの番組の武器ですよね。伝統的な部分を現代の目線で見せてくれたりと、とても栄養価の高い番組だと思います」【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
若い力で古民家再生 仲間とリノベ、模型制作も
タモリがお忍びで通う京都の名宿「古民家で1泊1万5千円」
都会を離れて暮らす“移住女子”という生き方「月15万円あれば…」
鈴木亮平『西郷どん』主役の苦悩を救った“渡辺謙の言葉”
田舎暮らしの素晴らしさ伝えたい…大分・農家のリアルマッサン夫婦

PR