〈時代の正体〉海愛し 初の女性教官 県立海洋科学高「湘南丸」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉海愛し 初の女性教官 県立海洋科学高「湘南丸」

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/04/17 02:00 更新:2018/04/17 02:00
【時代の正体取材班=成田 洋樹】船員の卵の育成を担う県立海洋科学高校(横須賀市)の実習船「湘南丸」(696トン)に女性教官が誕生した。高校卒業後に美容師として働いた後に大学で学び直して教職に就いたという経歴を持つ。「生徒一人一人の可能性を引き出すことができる教員になりたい」。子どもの頃からマリンスポーツに親しみ、海を愛してやまない思いが歩ませた針路。2カ月に及ぶ遠洋航海を前に気持ちがはやる。

 市川愛教諭(35)は2014年度の教員採用とともに同校に水産科教諭として着任し、海や船、水産物について全般的に学ぶ「海洋基礎」の授業などを受け持ってきた。実習船に乗り組む教官に必要な国家資格を持っており、湘南丸での遠洋航海は16年度以降2回経験し、今回から本格的なスタートを切る。前身の三崎水産高校を含め80年近い歴史を誇る海洋科学高校で初めての女性教官で、全国の水産高校でも珍しいという。

 小さな頃から家族と一緒に三浦市の海岸でシュノーケリングに親しんできた。就職後、いつものように潜った海岸でごみを拾って歩く人たちの姿を目にしたことが転機になった。「このきれいな海は地道な活動によって守られている」。趣味の場としてしか考えていなかった目の前の風景が違って見えてきた。大好きな生き物と接し、人生の楽しみを教えてくれた海。水産高校教諭になって海を守る環境教育を実践したいという思いが膨らんでいった。

 仕事を辞め、東京海洋大に進学したのは26歳の時だった。年下の学生と机を並べ、南極大陸周辺まで3カ月に及ぶ航海実習も経験した。

 念願がかなって教壇に立ついま、「好きなことだけやっていては世の中を渡り歩けない」と若者をいさめる風潮が気に掛かる。「誰もが持っている可能性の芽が摘まれていないか。好きなことに全力投球で取り組むことから道が開けることがあると生徒に伝えたい」

 遠洋航海には同校3年船舶運航コースの34人、高卒後の専攻科生15人が乗船する。「四六時中一緒に過ごすことができるので、教員としてこんなに幸せなことはない」と市川さんに気負いはない。同コースの女子生徒4人のうちの1人、3年生の北原依月さん(17)は「市川先生は話しやすく、親しみやすい」と慕う。鈴木太一船長(55)は「乗組員は男性ばかり。女子生徒を支えてほしい」と期待を込める。

 一緒に乗船するベテラン教官の鈴木日出雄教諭(57)は、実習船教育を担う後輩にエールを送る。「あいさつや礼儀など社会に出てから必要なことを生徒に身に付けさせるためには、船内の集団生活で時に厳しく接することが必要。優しさと厳しさを併せ持った先生になってほしい」

 市川さんは「船舶の世界はまだまだ男社会」と実感するが、海を愛する気持ちに男女の隔てはない。「海に関わる仕事を望む生徒たちを後押ししたい」

 新たに建造されて初の遠洋航海となる5代目湘南丸は21日午前11時に三崎港花暮(はなぐれ)岸壁を出港する。船の操縦方法や機関の仕組みを学びながら米ハワイ沖でマグロはえ縄漁を重ね、6月中旬に同港に帰港する予定。

PR