三浦の海、子どもの視点で撮影 写真コン開催へ寄付PR|カナロコ|神奈川新聞ニュース

三浦の海、子どもの視点で撮影 写真コン開催へ寄付PR

昨年開催されたコンテスト表彰式の様子 =三浦市初声町入江の潮風アリーナ

 みうら学・海洋教育研究所は、子どもたちを対象にした「第7回海洋教育写真コンテスト」を開催するため、寄付を呼び掛けている。ネット上で資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用し、5月25日まで。

 CFでの募集は昨年に続き2回目で、目標額は11月に開催予定の表彰式などに必要な36万円。寄付は3千円、5千円、1万円、3万円の4通り。

 コンテストは2012年から実施。「子どもたちから見た、三浦の海」をテーマに、市内の小中学生から「海の生き物部門」「海の風景とくらし部門」の2部門で募る。昨年は過去最多となる927点の応募があり、計18人が入賞した。

 同研究所は「子どもたちが(撮影のため)自分で足を運び、海について学ぶきっかけになっている。開催に向けて協力してほしい」と話している。

 申し込みは専用ページ(https://readyfor.jp/projects/30shakon)から。問い合わせは、同研究所電話046(854)9443。

PR