イベント多彩に桜&芝桜まつり 横須賀 療養中だった市長の姿も|カナロコ|神奈川新聞ニュース

イベント多彩に桜&芝桜まつり 横須賀 療養中だった市長の姿も

多彩なイベントが繰り広げられた「北久里浜桜&芝桜まつり」=横須賀市の根岸交通公園

 桜をはじめさまざまな春の花や新緑が楽しめる「北久里浜桜&芝桜まつり」が7日、横須賀市根岸町の根岸交通公園で始まった=写真。北久里浜まちづくり協議会の主催で20回目を迎えた。

 地元の子どもたちによる「根岸町ハヤシ太鼓」で幕開け。葉桜などの下に飲食の出店やフリーマーケットが並び、買い物客との間で交流の花が咲いた。

 ステージでは交通安全に関する催しや地元の高校生によるダンスなど、多彩なアトラクションが繰り広げられた。

 8日も午前10時から午後5時まで行われる。問い合わせは横須賀市コールセンター電話046(822)2500。
 療養中だった横須賀市の上地克明市長が7日から公務に復帰し、同まつり会場に姿を見せた。式典あいさつでは「休息を取ることの意味が分かっていなかった。これからは気を付けたい」と語った。

 同日にあった、かながわ信用金庫の小型店舗の式典にも参加。「もう1週間、開所が早ければ未病相談をして体調チェックもできた。騒ぎにはならなかったかも」とあいさつし、出席者の笑いを誘った。

PR