「はだの桜みち」が満開に|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「はだの桜みち」が満開に

満開となった「はだの桜みち」

 秦野市内を走る県道62号で、全長6.2キロの桜並木「はだの桜みち」が満開となっている。

 西大竹交差点から県道706号新橋交差点までの間に、ソメイヨシノが540本植栽されており、桜並木としては県内最長。ピンクのトンネル目当てに訪れるドライバーも多く、例年、この時期は渋滞している。

 市観光協会によると、見頃は今週末ごろまで。今年は開花が昨年より2週間ほど早いという。

PR