県内企業、正社員採用6割超 18年度 中小にも広がり|カナロコ|神奈川新聞ニュース

県内企業、正社員採用6割超 18年度 中小にも広がり

 帝国データバンク横浜支店が県内企業を対象に実施した調査によると、2018年度に正社員の採用予定があると回答した企業は、前回調査(17年2月)に比べ5・4ポイント増の62・4%となり、リーマン・ショック前の08年度(63・5%)の水準に迫った。6割を超えたのは2年ぶり。中小企業でも、2年ぶりに増加に転じており、同支店は「正社員の採用予定は上向き、中小企業にも広がりを見せている」としている。

 調査では、採用予定がないのは5・1ポイント減の25・2%だった。採用予定があるとした企業のうち、大企業は5・8ポイント増の84・5%に上り、積極的な採用意欲がうかがえる結果となった。また、中小企業も5・5ポイント増の58・1%で、リーマン・ショック前(57・3%)を上回った。

 企業からは「人材の応募がなく常時募集している状態」(卸売)など、人手不足が続く中で...

PR