時代の正体〈586〉横浜に民主主義はあるか 北綱島支援校再編問題|カナロコ|神奈川新聞ニュース

時代の正体〈586〉横浜に民主主義はあるか 北綱島支援校再編問題

記者の視点=デジタル編集部・成田洋樹

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/03/28 02:00 更新:2018/09/26 11:35
 【時代の正体取材班=成田 洋樹】行政が市民の暮らしに影響を与える施策に取り組むのであれば、その施策が必要とされる明確な理由が示されなければならない。それが、施策が妥当かどうかの判断材料の要になるからだ。特に当事者や関係者には丁寧な説明が必要で、一定の理解を得ることが不可欠だ。ましてや子どもの命と人権に関わる問題ならなおさらだ。2年前の唐突な閉校計画に端を発し、曲折をたどった横浜市立北綱島特別支援学校(港北区)の再編論議では、これらを欠いていた。

PR