横浜と、二つのスクイズ 大阪桐蔭監督 西谷浩一(上)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜と、二つのスクイズ 大阪桐蔭監督 西谷浩一(上)

全国のライバル編 66/100

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/03/22 02:00 更新:2018/03/22 02:00
神奈川高校野球100回大会 「平成最強」、もしくは「21世紀最強」と称されている。西谷浩一(48)率いる大阪桐蔭に冠せられる修飾語に、異を唱える人はいないだろう。

 2012年の甲子園春夏連覇を含め、監督として通算5度の全国制覇は、横浜の前監督・渡辺元智(72)と並ぶ歴代2位だ。02年夏に初めて甲子園の土を踏んでからわずか16年だが、この春ですでに15度目の出場となる。

 初戦負けは一度もなく、勝率は8割超。決勝では無敗と、無類の強さを誇る。PL学園を率いた中村順司の優勝回数6や、智弁和歌山の高嶋仁の甲子園通算64勝を塗り替える者は、ほかにいないと目されている。

 そんな西谷にとっても、渡辺と名参謀の部長・小倉清一郎(73)がコンビを組む横浜は、大阪の常勝軍団・PL学園と並んで「高校野球の象徴」そのものだったという。

 「自分が小学生の時にエースの愛甲(猛)さんで横浜が優勝する夏の甲子園も、見に行きましたから。松坂(大輔)の時の連覇なんて、本当に衝撃的な強さだった。こんなチームがつくれるんだと。監督として、当然ながら渡辺さんと小倉さんは一つの目標でした」
...

PR