ぶらり♪:日本大通り「MARCY’S」 自家製コンビーフサンド|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ぶらり♪:日本大通り「MARCY’S」 自家製コンビーフサンド

自家製コンビーフサンド

他の写真を見る
熟成させた絶品の肉
 小麦色に焼き上がったパンの間から、あふれんばかりのコンビーフ。いわゆる“写真映え”しそうな「自家製コンビーフサンド」(ランチ800円、ドリンク付き)は、店主の高木昌史さん(38)自慢の一品だ。

 具材のコンビーフは牛肩ロースを一週間、特製のソミュール液(調味液)に漬け込み熟成させ、うま味を封じ込めて蒸し上げる。自家製のパンは「肉のうま味が逃げないように」と、あえて肉汁がしみ込みにくい製法を用いた。

 スパイシーに香り立つ一方、まろやかで優しい舌触り。すっかり手作りコンビーフのファンになった。高木さんにそう伝えると「缶詰のコンビーフとはちょっと違うでしょ」と目を細めた。

横浜市中区日本大通58、日本大通ビル地下1階。みなとみらい線日本大通り駅徒歩3分。午前11時半~午後2時、午後5~11時。日曜・祝日休み。電話045(651)1375。

PR