新たな抹茶スイーツ誕生 鎌倉女子大とカフェがコラボ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

新たな抹茶スイーツ誕生 鎌倉女子大とカフェがコラボ

考案した鎌倉よりみちサンドをPRする鎌倉女子大の学生たち =鎌倉市小町の「nugoo cafe」

 鎌倉女子大(鎌倉市大船)の学生が鎌倉のカフェとコラボレーションして新しい抹茶スイーツを考案した。春を意識し、濃厚な抹茶はもちろん、豆腐やきな粉も使ったユニークな一品に仕上がった。期間限定で提供される。

 マカロンほどの大きさのパンケーキ生地に、マスカルポーネ入りの抹茶クリーム、いちごソース入りホイップクリーム、きな粉クリームを挟み、3種類の味が楽しめる「鎌倉よりみちサンド」。考案したのは、家政学部管理栄養学科の山口真由専任講師のゼミに所属する3年生8人。日本茶や抹茶を使った甘味を提供する「nugoo cafe(拭うカフェ)」(同市小町)が大学からの打診を受けて連携した。

 抹茶を使った斬新なスイーツをテーマに、昨年12月から準備に取り組んできた。生地には抹茶と豆腐を練り込んでもちもちの食感を出し、高級な味わいになるよう抹茶を濃くしたり、見た目もかわいくして写真共有アプリ「インスタグラム」での見栄えを意識したり。試作と試食を4~5回繰り返した。

 よりみちサンドと名付けたのはカフェが若宮大路沿いにあり、観光客に寄り道しながら一休みしてほしいとの思いから。学生のアイデアを基に商品化した同店は「かわいいけどヘルシー。学生ながらの視点が生かされている」と話す。

 ゼミ生たちは皆、管理栄養士を目指し、これから就職活動も始まる。山口専任講師は「レシピの考案や商品開発の経験が将来につながれば」と期待。ゼミ長の藤井桃子さん(21)は「春の鎌倉を楽しみながら、おいしいスイーツを食べてゆっくりしてほしい」と来店を呼び掛ける。

 販売は19日~5月20日。単品950円(税込み)、ドリンクセット1250円(同)から。問い合わせは、同店電話0467(22)6704。

PR