長崎被爆者、着物とともに語る|カナロコ|神奈川新聞ニュース

長崎被爆者、着物とともに語る

葉山在住 福島富子さん

 崩した書体で縫い込まれた「和」の文字。その帯を締めた着物姿で、福島富子さん(73)=葉山町下山口=はノルウェー・オスロにいた。

 昨年12月、非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」...

PR