1万メートルごみ拾い ボランティアウオーク開催 横須賀|カナロコ|神奈川新聞ニュース

1万メートルごみ拾い ボランティアウオーク開催 横須賀

ゴールを目指して歩きながらごみを拾い集める参加者 =横須賀市内

 横須賀市の海辺つり公園を目指してヴェルニー公園など市内7カ所を出発し、途中のどぶ板通りなど総距離10キロを清掃するボランティアウオークが11日、行われた。ボーイスカウト、市内6高校の生徒ら約500人が参加。ゴール後は全員で東日本大震災で亡くなった人たちへの黙とうをささげた。

 横須賀ロータリークラブ(小林康記会長)の主催。「1万メートルプロムナードクリーン作戦」と題して毎年続けられ、ことし10周年を迎えた。参加者は道路脇から空き缶などを拾い集めながら「目立たない所を選んでポイ捨てしているね」などと話し合っていた。

 この日、集められたごみはコンテナ1杯分になり、約4トンという。小林会長は黙とう後、「力を合わせ地域を美しく良くしていくことの大切さを、節目の日に確認してほしい」などとあいさつした。

PR