給食の味家庭でも 横須賀市教委が人気メニューPR|カナロコ|神奈川新聞ニュース

給食の味家庭でも 横須賀市教委が人気メニューPR

スーパーで配布レシピカード

「スズキヤ横須賀店」で無料配布されている小学校給食のレシピ

他の写真を見る
 学校給食の味を家庭でも-。横須賀市教育委員会は3月から、小学校給食で出される人気メニューを市内外にPRする取り組みを始めた。レシピカードを市内のスーパーマーケットで無料配布しているほか、県内の教育委員会では初めて料理情報サイト「クックパッド」に公式ページを開設してレシピを紹介。市教委の担当者は「横須賀の学校給食をより多くの人に知ってほしい」と話している。

 レシピカードは京急線横須賀中央駅前のモアーズシティ地下1階にあるスーパーマーケット「スズキヤ横須賀店」で配布。レジ近くと野菜売り場で、横須賀の学校給食定番の味「揚げじゃがいものそぼろ煮」と、走水産のきざみのりを使った「いそあえ」の2種類を置いた。

 同店の大和田雅史店長によると、興味を示して取っていく客も多いといい、「地域にこうした情報を発信するのもわれわれの役目。スーパーで食材を買ってぜひ試してほしい」と話す。

 クックパッドは日本最大の料理レシピサービスで、285万品を超えるレシピや作り方を検索でき、利用者は6千万人。サイト内では「横須賀市学校給食のキッチン」と題し、手軽に作れる「ピリカラきゅうり」や甘辛でご飯が進む「さんまのかば焼き」など人気の5種類を載せている。

 学校給食のレシピは健康志向の高まりなどから人気があり、無料で公開する自治体も増加。「日本一おいしい給食」を掲げる東京都足立区では家庭用にアレンジしたレシピ本「東京・足立区の給食室」を出版し、ヒット作になるほどだ。市もホームページにレシピを掲載しているが、より多くの人に親しんでもらおうと開始した。市教委保健体育課の望月由美子さんは、「食に関する興味を高めたい」と話している。

PR