働く側の権利とは 中3対象にルール教育・平塚|カナロコ|神奈川新聞ニュース

働く側の権利とは 中3対象にルール教育・平塚

アルバイトの事例を通じ雇用される側の権利や責任を学ぶ「ワークルール教育」 =平塚市浅間町の市立江陽中

 労働者の権利などについて学ぶ「ワークルール教育」が、平塚市立江陽中学校(同市浅間町)で開催された。卒業後に仕事に就く可能性がある中学3年生を対象に、法的な考えを身に付けてもらうのが目的。5クラスの生徒173人が実際に起こったトラブルの事例などに耳を傾けた。

 2017年度から取り組む法教育の一環。これまで大学准教授や弁護士ら有志の協力を得て裁判員制度などを学習してきた。

 1日に行われた「ワークルール教育」では、アルバイトで急な欠勤を申し出ると、雇用主から代わりを探すか、罰金を支払うか、または解雇すると言われたケースを紹介。弁護士が「経営者側が余裕を持てる人員体制を組まなければならないので、自分で代役を探す必要はない」「飲食店でお皿が割れたとしても当たり前。その損失分を含めて雇用側が利益を出さなければならず、罰金なんてもっての外」などと分かりやすく解説した。

 参加した粉川七子さん(15)は「アルバイトでも雇用側と立場が対等であることが分かった。大学生になったらアルバイトなどを通じて、社会人として働く前の準備や社会勉強をしてみたい」と話していた。

PR