〈時代の正体〉人種・LGBT差別禁止を明記 世田谷区で条例成立|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉人種・LGBT差別禁止を明記 世田谷区で条例成立

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/03/03 11:28 更新:2018/11/24 17:39
性的少数者や外国人への差別を禁じる条例を成立させた東京都世田谷区議会=2日午後

性的少数者や外国人への差別を禁じる条例を成立させた東京都世田谷区議会=2日午後

【時代の正体取材班=石橋 学】国籍や民族を理由にした差別や性的少数者(LGBT)への差別を禁じる東京都世田谷区の条例が2日、区議会本会議で可決、成立した。罰則はないが、同区によると、多文化共生に関する条例で人種差別の禁止を明記したものは珍しい。

 一人一人の違いを認め合い、人権を尊重する地域社会の実現をうたう「多様性を認め合い男女共同参画と多文化共生を推進する条例」は4月から施行される。

 「何人も、性別等の違いまたは国籍、民族等の異なる人々の文化的違いによる不当な差別的取り扱いをすることにより、他人の権利利益を侵害してはならない」と禁止規定を盛り込んだ。対象には差別の一形態であるヘイトスピーチも含まれる。

 その上で、性的少数者への理解促進と日常生活の支援、国籍・民族が異なる人々への偏見や差別の解消など、差別根絶に向けた10項目の基本施策の実施や、行動計画の策定を義務づけている。...

PR