【新卒採用特集】神奈川県内企業の魅力と直面する課題|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【新卒採用特集】神奈川県内企業の魅力と直面する課題

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/03/01 05:53 更新:2018/03/01 16:56

人手不足感募らす中小 対話重ね適職と出会いを


インタビュー
水口 勉(みずぐち・つとむ) 県中小企業家同友会代表理事


 きょう3月1日は、会社説明会の解禁日。2019年卒の大学生の就活シーズンが本格的にスタートする。ことしは求人倍率も高く、学生にとっては恵まれた環境といえそうだが、中小企業は人手不足感が一段と強まっている。神奈川県中小企業家同友会(神奈川同友会)の水口勉代表理事=ジャパウイン社長=は「神奈川には魅力的な中堅・中小企業が少なくない。採用担当者と話して、自分に合った企業と出会って欲しい」と語っている。

 神奈川同友会は、県内の中小企業800社を会員とする経営者団体。異業種交流を始め、共同での人材発掘、新入社員研修、幹部育成などにも取り組んできた。

 2017年秋の会員企業対象のアンケート結果によると、現在の経営上の問題点で最も多かったのが「従業員不足」の19・4%、次いで「人件費増加」が14・2%。人手不足の深刻さと経費増に悩んでいる様子が分かる。

 川崎で福祉関連事業などの会社を経営している水口代表理事は、自社については「今春の新卒数人の採用は決まっている」としながらも「残りは、中途採用を募集するが、それがなかなか難しいのが実態」と語る。大手企業が採用を増やす中で、名前の知られていない中堅・中小企業には「業種、業界問わず、なかなか人材が回ってこない。選べない」状況という。

 それでは、どのようにして、採用したい学生と「出会う」のか。「学生さんと話をする。じっくり話しているうち、大企業よりも地域の企業に向いていると分かる人が出てくる」という。例えば「家から通えて、転勤がない」「地域で長く仕事をしていて、安心できる」そんな地元企業の良さを理解してくれた学生が入社してくれるという。

 学生の父母は、企業のホームページを見ている。「長い間、きちんと事業を続けている。経営計画もちゃんとしている。そういうところを確認して、安心して子どもを任せてくれる」という。

 最近の若者には、ドライな子も多い。この会社で「やりきった」と感じると転職しようとする子も。「ある程度の子には、ヒアリングをしたうえで、大胆に仕事を任せることも大切」と語る。入社2、3年でも、ある程度のことはやらせる。個性を伸ばす。そういう自由も、中小ならできることもあるというのだ。

 学生へのアドバイスを聞くと、「人事の担当者に、じっくり話を聞くこと」という。「人事部がなくても、人事の担当者がしっかりしているかどうかで判断すればいい」。「担当者と対話する中で、自分のキャリアイメージを膨らませる。会社と一緒に、つくることができればいい」という。

 中小企業からすると実は採用は「一年中やっているイメージ」。「企業の採用担当者とよく話をして、自分に適した企業を探して欲しい」と話していた。

PR