留学生、すし作り体験 藤沢|カナロコ|神奈川新聞ニュース

留学生、すし作り体験 藤沢

ブランド肉をすしネタに下ごしらえする手順を体験する参加者たち=藤沢市藤沢のさつまや本店

 留学生に県内産の牛・鶏・豚肉や卵などを使ったすし作りを体験してもらう教室がこのほど、藤沢市藤沢の和食とすしの店「さつまや本店」で開かれた。「おもてなし」とブランド畜産物のアピールを兼ねた試みで、生産農家も参加して「かながわ鶏」や「やまゆりポーク」などをすしネタにアレンジ。最後は店のカウンターで並んで試食しながら交流を深めた。

 プロの職人が教えるすし教室を続ける同店と、かながわ畜産ブランド推進協議会ワーキンググループの共催。慶応大湘南藤沢キャンパスで学ぶ中国とシンガポールからの留学生5人に、「ちがさき牛」「湘南はちみつ」の生産者らも参加した。

 メニューは牛ランプ肉たたき風の握り、鶏もも肉ハニーマスタード軍艦巻などすし5種類に、デザートの「飯田牧場」プレミアムジェラートなど。各自が扱うすしネタは事前に一人前ずつ用意されたが、肉に火を通す作業など下ごしらえの実演と体験も実施した。

 店主で板長の池田一夫さんは「いつもは魚介類を使うので勝手が違う」と言いながら、「いい肉なので、じっくり焼いていくと照りが出ますね」などと解説。すし飯を扱うコツに続いて1種類ずつ巻き方、握り方を伝授した。

PR