台湾にプロポーズする信号機 バレンタインにお目見え|カナロコ|神奈川新聞ニュース

台湾にプロポーズする信号機 バレンタインにお目見え

 男性が女性にプロポーズする様子をデザインした歩行者用信号機(中央通信社=共同)

 【台北共同】14日のバレンタインデーに合わせ、男性が女性にプロポーズする様子をデザインした歩行者用信号機が台湾南部屏東県にお目見えした。潘孟安県長は「世界で唯一。多くの若者に屏東で家庭を築いてもらいたい」と話している。中央通信社が伝えた。

 台湾の通常の歩行者用信号機は「小緑人」の愛称がある1人のシルエットだが、少子化対策を念頭にカップルにしたという。赤信号では小緑人がひざまずいて彼女に求婚。青信号になると2人が手をつないで道を渡る。

 さっそく地元のカップルが、信号機そっくりのポーズでプロポーズしてみせた。信号機は25カ所の交差点に設置、今後さらに広げる。

PR