【名店めぐり】旬菜屋NoBu 地元の素材ふんだんに|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【名店めぐり】旬菜屋NoBu 地元の素材ふんだんに

買う・食べる@木曜日 街ナビ

旬菜屋NoBuの湘南ごちそう御膳

他の写真を見る
【2018年2月8日紙面掲載】
 「地のものをおいしくリーズナブルに」をコンセプトに、飲食店一筋の店主が2001年に独立し開業。朝どれならではの野菜の香りや甘み、魚の鮮度が味わえる栄養バランスのとれた定食に定評がある。

 一押しは「湘南ごちそう御膳」(1620円)=写真。この日の地魚(アジやタチウオ、三崎のマグロなど)を使った丼ぶりに、天ぷらの盛り合わせが付く。酢飯は平塚産の米「はるみ」、サラダや小鉢、漬け物、味噌汁にも地どれ野菜がたっぷり入る。余すところなく材料を使おうと、味噌汁のだしは、カツオや昆布にその日さばいた魚のあらを加えて取る。具材にもいろいろな野菜の切れ端や皮などが入り、毎日違う味が楽しめる。

 「地産地消を実践していくうちにいろいろな人とつながりが持てた」と店主の相原伸美さん(62)。農家や漁師のアドバイスをもとにメニューを考えることも多々。「生産者とお客さんの間に入り、みんながうれしい関係でいられればいいよね」と笑った。

しゅんさいや のぶ

住所:平塚市龍城ケ丘8の40の103
アクセス:JR平塚駅西口徒歩18分
営業時間:午前11時半~午後2時半、同5時半~9時半(日曜・祝日は同9時)
電話:0463(35)2007
備考:水曜、第3火曜休み。駐車場あり

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR