SUP見えたら最徐行 水上バイクの暴走行為受け、県が大岡川に横断幕 |カナロコ|神奈川新聞ニュース

SUP見えたら最徐行 水上バイクの暴走行為受け、県が大岡川に横断幕 

安全航行を呼び掛ける横断幕をPRするSUP愛好家 =横浜市中区の大岡川

 桜並木の名所として知られ、横浜中心部を流れる大岡川に、安全航行を呼び掛ける横断幕が新設された。春になれば花見をする船で混雑することに加え、水上バイクの危険な暴走行為が問題になったことから、河川を管理する県が設置した。

 横断幕は縦80センチ、横5・5メートル。黄色の生地に黒や赤の文字で「非動力船が見えたら動力船は最徐行」「水上バイクは引き波に十分注意!」と書かれている。河川施設の利用者らでつくる一般社団法人大岡川川の駅運営委員会が作成した自主ルール「大岡川安全航行ガイド」から引用した。

 立った状態でパドルをこぐスポーツ、スタンドアップパドルボード(SUP)やシーカヤックなどの非動力船が盛んに航行していることから、水上バイクやプレジャーボートなどとの共存を目指すことが狙いだ。

 SUP愛好家らが利用する大岡川桜桟橋など計5カ所に設置した県の担当者は「事故を起こさないための航行ガイドを理解し、みんなで守ってほしい」と呼び掛けている。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR