文化財守れ 藤沢で消防訓練|カナロコ|神奈川新聞ニュース

文化財守れ 藤沢で消防訓練

文化財防火デーに合わせた消防訓練=藤沢市遠藤

 文化財防火デー(26日)を翌日に控えた25日、藤沢市遠藤の玉雄山宝泉寺で消防訓練が行われた。

 訓練は、同寺の本堂から出火し、境内に延焼したとの想定で実施。市消防局や地元消防団の隊員ら50人が参加し、掛け声に合わせて一斉に放水した。

 文化財防火デーは1949年、現存する世界最古の木造建造物である奈良県の法隆寺の金堂が炎上し、壁画が焼損したことから、定められた。

 宝泉寺は市指定文化財を所有している。市消防局の副消防局長は「先人たちが守り抜いてきた重要な文化財を後世に伝えていく義務がある。消防団員らと協力し、消防、防災力を高めていきたい」と話した。

PR